SJクラブ

SJクラブ」について 
1、趣     旨 @ 掃除の実践をベースにした「5S」を、会社に定着させる社風作りを目指す。
  A 社長と社員の「思い」が一致する「5S」を目指す。
2、運 営 方 法 @ 本趣旨に賛同した企業で構成する。
  A 会員企業による合同研修の開催。
3、研修の特徴 @ 複数企業との合同研修。
  A 掃除の実践に重きを置いた「5S」の研修。
  B 全員参加の研修。
4、研 修 効 果 @ 他企業との合同研修をすることによって、社員の意識と緊張が高まる。
  A 一企業では為し得ない「雰囲気作り」「内容の充実」「競争原理」等が、有効に機能する。
  B 会社から「やらされている」という意識を、自主的に「やっている」という意識に変えることができる。
  C 全員参加の共同作業を通すことによって、社内に協調性と連帯感が培われる。
  D 自分たちできれいにした職場に、愛着が湧く。

                                                                  

「SJクラブ」が目指す5つの提言             〜代表 亀井民治〜

「5S」を職場に徹底させる。
  会社には、ムダ、ムラ、ムリが垂れ流しになっています。
  会社の元凶とも言うべきこのムダ、ムラ、ムリをなくせば、必ず業績が上がるようになります。
  では、このムダ、ムラ、ムリを解消するのにもっとも効果的な方法は何か。
  一言で言うと「5S」しかありません。
  「5S」は誰もが知っている古くて新しい言葉。ハッキリしていることは、どんな会社でも、必要なことであり、会社経営するに当たっては避けて通れない大事なことだということです。
  ところが、この「5S」が、本当の意味で定着している会社、とくに中小企業は皆無と言っても過言ではありません。
  なぜか。原因は色々考えられますが、もっとも大きな原因のひとつは「5S」以前の社内環境が整っていないからだと思います。
  そこで、このSJクラブは知識としての「5S」ではなく「社風に心を通わせる」「5S」運動をテーマに進めて参ります。
   
掃除の実践を習慣化する。
  「5S」が定着しないもっとも大きな原因の一つに、「5S」のベースともいうべき掃除の実践が、社風として定着していないということがあります。
  「5S」を声高に唱えながら、社内清掃を外注に依存するなどということは論外です。
  「仏を作って、魂を入れず」とは、まさにこのことです。
  そういう姿勢で、「5S」に心が通うはずがありません。
  自分たちの職場は、自分たちの手できれいにする。
  このことは、忘れてならない基本中の基本です。SJクラブではこのことを徹底します。
   
挨拶を徹底する。
  会社は人間の集まりです。
  人間関係がうまくいかなければ、会社は楽しくないばかりか決して発展するものではありません。
  人間関係でもっとも大切なことは、挨拶です。 
  挨拶の飛び交う会社で人間関係が悪い会社を見たことがありません。
  挨拶は形から入ります。その上で心を込めていきます。
  明るく元気な挨拶をキチンとできる社風にする。
  SJクラブがもっとも目指していることです。
   
合同研修で人間性と社風を高める。
  いままで「5S」に取り組んで、中途半端で終わった多くの企業の共通点は、単独企業で行ったということも大きく作用していると思います。
  そこで、SJクラブは、同盟企業が手を組んで共に励まし学び合いながら「5S」を進めます。
  さらに、「5S」だけではなく、合同研修を通して「式を執る」ことの大切さ、「発表能力」と「リーダーシップ」の大切さも併せて学びます。
  また、「合同掃除に学ぶ会」を開催し、職場をきれいにすると同時に感動を分かち合います。
  どちらかというと経営者同士の付き合いが多かった関係を、社員同士の付き合いまで広げ、ホントの意味で異業種交流を図ります。このことが、SJクラブならではの特徴です。
   
会社の繁栄と社員の価値観を一致させる。
  私たちは、好むと好まざるとに関わらず、起きている時間の1/2以上を職場で過ごしています。
  それくらい職場は私たちにとって貴重な時間であり場であるにもかかわらず、ほとんどの人が義務的に対応しているのが実態ではないでしょうか。
  改めて、考えてみると、これくらいムダで不幸なことはありません。
  幸せになりたい、出世したい、給料をもっと欲しいと願望しながら、まったく逆の取り組み方をしているのですから人生が良くなるはずがありません。
  人生を良くするためには、仕事に対する積極的な取り組みをすることです。
  そのためには、会社を好きになることです。会社の仲間と仲良くなることです。
  明るく元気な声で挨拶をし、職場をきれいにすることです。
  私たちは家族の次に大切な同士ではありませんか。
  たとえ社外は競争であっても、せめて社内は共生でありましょう。
  そういう考えにお互いがならない限り、会社が良くならないばかりか、自分の人生も決して良くなることはありません。
  お互いが協力すれば、成果を出すことはそんなに難しいことではありません。
  職場の「5S」は、お互いが楽して気持ち良く仕事ができる運動です。
  この「5S」運動を通して、会社の繁栄と自己実現を一致させましょう。

  

「SJクラブ」憲章 

「SJクラブ」は、掃除の実践をベースにした「5S」活動を通じて、社風が良くなる企業作りを目指します。
一、 私たちは、「5S」で社員としての品性を磨きます。
一、 私たちは、「5S」で会社の品格向上に務めます。
一、 私たちは、「5S」で「会社の繁栄」と「社員の幸福」が一致する会社運営を目指します。

 

 ≪年間開催予定表≫

▲このページのトップに戻る